Official blog

「体の不調は炎症反応による影響だった!?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

5384bb4d5faca9e4d4dbf821d83b4b40

こんにちは。マツケンです。

昨日は、海とチキン南蛮を食べたくて、朝からいきなり家族で宮崎に行ってきました!!

息子の初海は、波が怖かったのか“ギャン泣き”で終了しました!!

まだ波の乗るのは早そうですwww

前置きが長くなりましたが、今回のお話は、「体の不調は炎症反応による影響だった!?」というお話。

こんな体の悩みはありませんか?

・ダルイ

・朝起きるのが辛い

・痩せない

などなど。

これは、文明病による体の炎症反応による影響かもしれません。

今回は、文明病と体の炎症反応についてお話しします。

【文明病】

文明病とは、近代社会によって引き起こされる、現代に特有の病気や症状を意味する言葉です。

肥満や生活習慣病などは、まさに文明病といっても良いでしょう!!

ちなみに肥満という言葉は、肥満大国アメリカでも1950年代では、肥満率10%をした回るレベルだったそうですが、2010年には、35%まで跳ね上がっているとのこと。

これは説明する理由もなく、生活が豊かになったことによるかつてない程のカロリー摂取が原因と言われています!!

【不調の原因は、体の炎症反応であった!?】

炎症とは、怪我した時に、幹部が熱を持ったりすることで、炎症により外部から侵入した細菌を退治することで、体を守ってくれています!!

実は炎症は悪いものではないのです!!

怪我や外傷などでの炎症反応は、体を守ってくれるのですが、文明病による生活習慣不摂生による内部からの炎症反応は、長期的に病気を引き起こします!!

例えば、“内臓脂肪“

内臓脂肪は、内臓周囲につく脂肪で皆さんもよくご存知でしょう!!

人の体は、この内臓脂肪も異物と認識し、炎症反応でやっけてしまおうとします。

しかし、この内臓脂肪は炎症で減ることはなく、カロリー制限や運動でしか減らせないのです!!

ですが、内臓脂肪がある限り、体内部での炎症反応は続き、それが血管や細胞を傷つけ、脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまうのです!!

今回は、文明病と体内部での炎症反応についてお話ししました。

ダルイや朝起きるのが辛いなど、普段ではあまり気にしていないことが、長期間で見ると病気の

これを機に、皆さんも生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか!!