Official blog

カテゴリー別アーカイブ: 日記

不登校の子供達は実は天才かもしれない・・・

727C43FC-6F4C-42D6-B26D-E9969252A774

マーティ「もし君たちが子どもを作って、そのうちの1人が8歳になった時、

     リビングのじゅうたんを燃やしてしまう。

     その時は、やさしくしてあげて」

 

 

 

子供が学校に行かない事で悩んでいるそこの奥さん朗報です

 

アナタのお子さんは天才です!

 

何言ってんだこの無責任野郎とお思いでしょうね

 

解ります

 

でもこれだけは言わせて頂きたい

 

私も高校一年~二年の間遅刻欠席クラス中いや同学年中ナンバーワンだった実績があるからです

 

いやそれ実績じゃなくて黒歴史な(´-ω-`)w

 

と言う自虐ネタじゃないんだよwww

 

私は自分の事を天才だと思っているからね(´-ω-`)

 

まあギャグはこのくらいにしておいて本題に入ろう

 

不登校の子というのは今時珍しくもないのではないでしょうか?

 

私も友達6人といつもつるんでいて友達と過ごす時間は楽しかったのですが

正直勉強や学校自体は全くもって楽しいと思えたことがなかった

 

学校を卒業する時友達とようやく出所出来るぜ~とか言ってたくらいだからw

 

半分くらいグレてたし20代前後までは写真を見返しても少々危ない目をしてたのであります

 

だから学校に行きたくないとか勉強や学校のイベントや日々の生活に興味が持てない気持ちは凄く解るのです

 

でも遊びや読書、絵を書く、心の内側の自己成長などの自分が好きな事に物凄い集中力を発揮して人一倍上手くできるわけであります

 

そしてジャンルの違いがあるだけでそれは誰の中にもあります

 

シリコンバレーなどの最先端の学校教育の場では

不登校の生徒は天才扱いされるそうです

(普通に通っている子達も当然天才ですけど)

 

それは既存の学校の教育の枠に嵌る事が出来ない制限に囚われない自由な自立した

ある種の成熟した精神の持ち主だとみなされるわけであります

 

人の何倍も感受性が強く既存のシステムがおかしいという不自然さに気付いてるわけです

 

だからそういう子達の天才性の部分を発揮させられる授業や教育ができない学校側が無能だという判断を下されます

 

これが正当な学校教育の在り方だと思う

 

皆それぞれ個性も興味がある事も得意な事も違うわけだから単にテストの点と学校生活の態度が良いというだけでその子を判断して理解できるわけも才能を伸ばす事も出来るわけないのであります

 

型に嵌めようとするから変な矛盾が生じるんだな

 

基本的に空手の型やビジネスでも人間の在り方や神道の所作や考え方なども

基本が出来ていて応用が利くわけで基本を極めてからの守破離の離に向かえるわけです

 

もみほぐしでも基本を一年くらいみっちり同じことをやり続けた人の方が上達も

その後の伸びも早いです

 

それを疎かにして目先のお金とかを目標にしてる人は小手先のテクニックなどの

外側のやり方ばかりを上手くなろうとして結果特に秀でる事も大勢のお客さんに求められるようなセラピストになる事もなく何とな~く続けて何とな~く辞めていきます

 

それは続けていくうちに大事な事は外側のテクニックとかやり方じゃないって気付くんですけど気付く前にまた新たな道に行き同じところで同じループに止まっている人を何人も見てきました

 

それは何にでも言える事なんです

 

そこで本来人が生きていく上で大事なことを教えるはずの学校教育がそもそも外側のどうやって生きていけばいいかという主体ではなく客体に意識が向くように設定されてるから

基本の型が無意味とまでは言わないけど的外れな事をしていると言えます

 

そういった現代教育の不自然さに無意識に気付いてるのが不登校の子供やちょっと反抗的な子供達なんです

 

だからそういう子供達を責めたり無理やり学校に行かせるよりもその子がどういう事に興味を持ちどういう特性や才能を持っているかを学校の先生と親御さんが一緒に探ってあげてサポートしてあげれば良い方向に向かうのではないでしょうか

 

その子の才能や興味がある事と学校に行く事の意義がリンクすれば学校に行く方が良いし

全くないのであれば他の道を探せばいいんです

 

まあ探せば必ずあるでしょうけど何が正解かは本人の心の奥の本音の部分が知ってます

 

本当に好きなことをいきなり高校生くらいで見つけられる方が稀です

 

高校生くらいで見つけられるようになるにはもっと早くそういう教育システムを幼い頃からサポートする事が必要だと思います

 

好きな事を仕事にするよりやっている事を好きになる方が簡単で

今目の前にあることに打ち込んでるうちに自分の使命やお役目

好きな事って自然にみつかると思うし自分よりも他人が彼、彼女の事を良く知っていたりするので~ちゃんって~が得意だよねってなります

 

学校教育で全てが決まるはずがないんです

 

その後の長い人生経験で本当の自分を見つけて成功していく人の方が多い気がします

 

みんな子供の不登校や自分が関わる人の不備を他人や外側のせいにしがちだけど

それは自分ではどうにもしてあげられないどうしたらいいかわからない言い訳にしかならない気がします

 

気付いたなら子供の本音に寄り添うところから始まります

 

子供の不登校は子供に問題があるのではなく既存の学校教育に問題があると気付くべきかもしれません

 

決して子供たちのせいではないでしょう。

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

とほかみえみため

 

ではまた~(^v^)/

 

 

https://youtu.be/wZlgIGsT-Ns

 

https://youtu.be/WsuXUKjaFg8

 

自分を満たす事の本質

20180822_023130 (2)

スーパーガール「ずっと考えてた スーパーガールになることの意味を

       やっと分かった
“スーパーマンのいとこ”じゃない

      “スーパーガール”なの
人に頼らず私自身が戦って──その結果で評価されたい

 

 

 

アナタは他の誰かになろうとしたことはないだろうか?

 

他人と自分を比べて優劣を感じたり

出来るふりや持っているふりをしたりして自分と他者を欺いたことはないだろうか?

 

私はあります(´-ω-`)w

 

他者と自分を比較する人間は傲慢だと言えます

 

何故なら優劣の世界に生きているからです

 

人より多く持っている、人よりも美しい優れている方が素晴らしいのだ

という価値観の中で生きてるからです

 

そういう人は自分が人よりもお金持ちになり社会的評価を得るとどうなるでしょう?

 

自分よりも持っていない人、劣っている人(ただの主観)を見ては

その相手を自分よりも下に見るのです

 

だから傲慢だと言えます

 

ですが上には上がいます(´-ω-`)w

 

そういう人は時に自分が人よりも劣っていると感じては自己否定をして

自己否定のブラックエンジンから自分の願望や目標を立てて行動するのです

 

その結果それを手に入れても満たされずまた同じループにハマってしまいます

 

原因は彼、彼女には自己否定という不足感、欠如感が根底にあるからです

 

自己否定感は不安や怒りという感情で現されます

 

「今」のままではいけない

 

「今」の自分ではだめだ

 

「今」のままでは愛されない評価されない

 

「今」の状態では足りないんだ

 

そう「今」の自分を否定してるんです

 

「今」のままでは足りません、駄目なんです、愛される資格はないんです

他人と比較して自分は劣ってるんです

なんで私はこうなんだ!

変わらなきゃ!この状態を何とかしきゃ!

こういった焦りや不満と不足

自分という人間はダメな奴なんです~という波動、周波数をひたすら宇宙に出してるんです

 

宇宙がそのオーダーを聞いて

 

注文はいりました~(´-ω-`)

 

ヘイお待ち!!

 

と配達してくれてるんですが

 

またこれかよ(#^ω^)‼

とアナタは憤ります

 

アナタが発注してるのに(´-ω-`)w

 

この世界はアナタの意識が反映された鏡ですので根底にある価値観が映し出されてる

幻にしか過ぎないんですね

 

ですから表面的に目標や願望を紙に書いたりアファーメーションしたりしても

本音では「それは私には無い足りない、何ものでもない私はダメなんだ」という

満たされない想いが種になっているものですから

 

咲く花も当然その不平不満という種が原因となった結果というお花畑が出来上がるのです(´-ω-`)

 

これが繰り返し同じ事が起きる現象の謎です

 

ここで自分を満たすというお話をしたいのですが

 

前に物質は精神エネルギーが形になったものというお話をしましたね

 

精神(言霊)が素粒子を操り現象化させるという量子論の観測問題です

 

アナタがどういう精神状態で物事を見て解釈するかで結果は変わっていくというお話です

 

つまり精神が先⇒物質が後という事です

 

それを踏まえた上で聞いて欲しいのですが

 

私達はお金や車や素敵なパートナーなどを得た時に感じたい

愛や平安や満足感、達成感という内側の感じ方を本質的には欲してるんですね

 

でもそれは先に外側に求めても手に入らないようになってるんです

 

何故なら心の内側と外側は表裏一体でまず内側を満たさないと外側に反映されない

ように法則上なってるからです

 

ブラックエンジンでひたすら外側の結果を追い求めても手に入りますが

果ての無い欠乏感と焦燥感と比較競争というラットレースからは永遠に逃れられません

 

それではアナタが本当に欲している「心の内なる平和」というやつは一生手には入らないようになってるんです

 

でも私達はそのカラクリが理解できずに常に外側にばかり意識が向きもがき苦しんでる

 

そのループから抜け出すために自分を満たすことを外側でやるよりも先にやっていただきたいことがあります

 

外側の結果を追い求めるのを今すぐ止めて先に物質で満たすんじゃなくて

「心で心を満たす」という事をやって下さい

 

もっと別の言い方をすると価値観を変えるんです

(不必要な価値観を手放す捨てる祓うクリアリングする)

 

先の自己否定の状態から外側の物やお金や人で自分を満たそうとしても

根っこの部分では未だに「今」も自分も否定しているわけですので

どうしてもまた次々に欲しくなるという渇望感が止まらない

飢餓感が常に募るわけです

 

結果いつまで経っても「今この瞬間」には存在せず過去や未来に意識が向いては

中心からズレて満たされないわけです

 

これ注意して良く聞いて欲しいんです

理解出来たら一生結果を外側に求めたり外側の何かで自分を満たすという負のループから抜け出せる可能性があります

 

アナタの価値観は人よりも多くお金を持っていたり容姿が良い学歴が良いとか

社会的地位などの「ラベル」に価値を置いてるわけです

 

人そのものではなく「ラベル」にです「ブランド」にです

 

つまり何も持っていない何ものでもない人には価値が無いという価値観です

 

その「あるがまま」の自分と他者を否定している「無価値観」がアナタの現実として

投影されてるんです

 

アナタの意識が多く持っている人美しく見える人優秀に見える人

社会がそう決めた人や自分で意図して印象付けてる人に対して劣等感を

持ちああいうのが良いんだな自分もそうならなければという憧れや嫉妬という感情

で反応してるだけです

 

勘違いしてほしくないのですが、そういう素敵に見える人達が別に素敵じゃない

と言ってるわけではありません

 

実際どの人も素敵で素晴らしいのです(´-ω-`)w

(どんな人も素のままで素晴らしい)

 

でもそれは潜在的にアナタの内側の素敵部分が鏡として映ってるから見えてるだけなんです

 

そうじゃないと見えるわけない

 

でもそれは自分には無いと思ってしまうが為に劣等感や自己否定感を持ってしまうわけです

 

アナタにもあるんです素敵部分

 

さらに解りやすく伝えますと

「あるがままの自分」を受け入れた人たちが素敵に見えるんです

 

アナタの外側の素敵に見えてる人たちは「素の自分、何も持ってなくて何物でもない

自分」を何処のタイミングで全部受け入れた人たちです

 

そもそも在るという満たされた状態から願望なり目標を立てて行動し

現実化していってるわけです

 

今あるもの、人、仕事、お金、家、車、自然、環境、社会、宇宙全てに対して全肯定してしまったわけです

 

今のままで全てオールオッケーと全てに感謝出来る心の在り方になっていったんですね

 

存在してるだけで生きてるだけ、生かされてるだけで最強にありがたい

ただ感謝という状態で在り続けてるわけです

 

その「おかげさま」精神状態で自分も他人もそのままで素晴らしいんだと完全に

腑に落ちてるんです

 

だから自分も他者もそのままで認められる

 

自分を満たすという事の本当の意味は

 

「今」あるものに気付きただ存在してるだけで素晴らしい有難いという

「何ものでもない素の自分あるがままの自分の存在自体」を全肯定することだったわけです

 

ただ存在してる事だけに感謝です

 

それをする事、気付くことにより内側が満たされその結果として満たされた現実が

鏡として外側に後々映し出されていくということなんです

 

ですから決して最初の出発点を不足や不平不満から発してはならないのです

 

既に在るという存在に対する感謝、満たされた心で目標や願望を描くんです

 

それは手に入っても入らなくてもアナタの幸せ度合い

満足感には影響はないんです

 

その既に在るという事実が「中心」という状態です

 

「中今」という今この瞬間に存在してる状態です

 

何もないけどただ在る・・・それだけで素晴らしい

 

それが私達が本当に欲しているお金や物や憧れ人間関係の本質であり

心の平安です

 

因みに素敵って感じ、素の敵って書きますよね

 

スの状態のかたき

 

オモシロいですね素のあるがままの敵をステキというんですから

 

アナタが思っている商売敵、恋敵、競争相手って素敵に見えませんか?

 

ライバルってやつです

 

でもライバルの素敵さを自分と比べて見ては劣等感や不足や不平不満を言うんですから(´-ω-`)

 

でもねもしかしてアナタの周囲にいる敵と思っている人たちは本当は

アナタは素のままで素敵なんだよって事を教えてくれてるのかもしれませんよ。

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

とほかみえみため

 

ではまた~(^v^)/

 

https://youtu.be/09tX391CnQU

 

https://youtu.be/31tiWX-8bdc

 

お金と上手に付き合う事は世の中の全てと上手に付き合う事と=である

84806E9F-B787-4051-ABC1-594807217C0E

三途の川の渡し守 のオッサン「地獄の沙汰も金次第 ヒッヒッヒッヒッ」

 

 

 

世の中を見渡せばお金が原因で色々なトラブルやドラマが起きています

 

確かにお金が元で戦争や争いごとが起きているという負の側面もあります

 

一方でお金でたくさんの経験や幸せと交換できるというプラスの側面もあります

 

結論から言うとお金自体はフラットなわけで良いも悪いもありません

 

お金はアナタよりも偉いわけでも綺麗なわけでも汚いわけでもない

 

お金は精神的なエネルギーが形になったものです

 

この宇宙は波の性質をもっておりそれは波動と呼ばれてもいます

 

周波数であり精神的な部分の方が周波数が高く物質は低い周波数と言われます

 

その物自体は固有の周波数を放っており高いものもあれば低いものもある

 

人間の意識が物質の周波数に影響を及ぼすのは量子論で言う観測問題で明らかにされつつあります

 

つまりはこの世の物質は人の意識が映し出されたものであるという事は

それはそうだろうなといい加減腑に落ちてきたわけです

 

それをお金という物質に換算した場合それをどうやって増やすのかというと

 

感謝や好きになる事と良くいわれます

 

どういうことでしょう?

 

これを子供の頃のおもちゃ、ビックリマンシール集めを例にとって説明します

 

私はそれ(シール)が好きだ

 

だから一つではなくもっと欲しい所有したい

 

所謂ハマるという状態です

 

するとどうでしょうか

 

私は勝手にそのシールを集める事に没頭し出します

 

シールについて好きだから色々な情報を集め勝手に詳しくなる

 

お小遣いを貯めてシールを買うのに時間とお金を使う

 

その過程で勿論失敗もする(シールがダブったりするというマイナスも当然ある)

 

でも好きだからめげずに集め続ける大事にする

 

一年か二年立つと立派なコレクションになっている

 

これが好きになるという事です

 

それをお金に差し替えて見ましょう

 

アナタはお金自体にそれだけの情熱があるでしょうか?

 

無いならお金持ちになるのは諦めたほうが良さそうです

 

このビックリマンシール集めと同じように

 

お金自体が好きでありコレクションのように集め増やし

 

増やすスキルや管理運用を学び資産を築こうとする情熱がないのなら

アナタの優先順位は以前消費に向いているのです

 

一時の快楽やその瞬間の楽しみだけに意識が向いていては幸せな小金持ちにも

経済的自由にもなれないでしょう

最悪老後のお金に困る様な事にもなりかねません

 

経済的基盤、資産を構築すると言うのは生半可な忍耐では到底無理です

 

一、二年の浪費や消費を我慢し貯蓄と資産運用スキルにお金と時間をかける覚悟が必要です

 

最低でもその間は自分の好きな事を我慢するくらいの忍耐が必要になります

 

今自分が欲しいものが大なり小なりありますよね?

 

それを全部諦めろとは言いませんし計画的に貯蓄しつつ意図的に自分を満たすために消費に回す分は否定しません

 

ただそもそも貯蓄も何もせずに単に浪費に全てのお金が消えているならば未来において

苦労する事になります

 

宝くじが当たって一発逆転というのもありえますけど、それが有ろうが無かろうが

経済面での未来計画は今すぐやる事をおススメします

 

ですがアナタの優先順位が本当にお金、資産形成が上位にないのなら

何故かお金は無くなります

 

本当は必要じゃない物に消費するか別の案件で失くすか・・

 

お金を可愛がるとはビックリマンシールと同じです

財布にお札を揃えていれる、お金が喜ぶ使い方をする仲間を増やす

 

恋人と同じように扱う事です

 

お金持ちになりたいと言いながらお金について学ぼうとしなかったり大事にしない人

からはお金は去っていきます

 

恋人も同様で大事にしてくれない人の元からは離れていきます

 

それはその価値が本当に解る人の元に流れていくように法則上できているのです

 

何故こんな話をするのかというと資産形成をしようとすると結果的に

人間力や自己成長を同時にせざる得ないからなんです

 

結果的に精神的自由が手に入り経済的自由も手に入りやすくなるからです

 

精神的開放と物質的開放は同時進行で起きてきますから

 

DA5252DF-7E15-4C90-8B9B-9F35EF0AE009

三途の川の家なき子 のオッサン「同情するなら金をくれ  ヒッヒッヒッヒッ」

 

お金中心、物質中心の文明を天津金木音図と言いまして今まではそれで良かったのですが

この先は天津太祝詞音図という物質文明と精神文明が統合された世界に入っていきます。

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

とほかみえみため

 

ではまた~(^v^)/

公のためと自分を満たす事のバランスが大事

E99AADDA-0135-45E8-AA17-6DEB223A4F41

 

阿吽の呼吸という言葉をご存知ですか?

 

二人の人物が呼吸を合わせるように共に仕事なり生活なりを営んでいる様子

です

 

言わなくても解ると言うくらいの状態

 

これは夫婦の仲の良さ、仲良くする秘訣でもあります

 

ツーと言えばカーとも同義語ですね

 

本来は言霊的な意味があるのですがそれは今回は良しとして

 

この阿吽の呼吸は人間の人生にも当て嵌まります

 

人間は常に吸って吐くという行為を無意識にして生活してるわけですけれども

 

ビジネスや実生活においては自分と他人と社会などの人との関わり方においても

この吸って吐くという阿吽の呼吸が大事になってきます

 

つまり公のために人や社会に尽くすと言う事と

自分自身を満たす事という他人と自分との関係性において

その両方をバランス良く満たすという事がとても大事になります

 

そのバランスが崩れて公のためだけに傾き自分よりも他人を優先した生き方をしている

と何処かの時点で必ず不満や不足感が起きてきます

 

その逆も然りで自分自身ばかり満たして他人や社会への貢献や還元というバランスを欠くと、これもまた何のために生きているのか「生きがい」という部分での充足感に対する

不足や不満が募ってきます

 

この「生きがい」のバランス感覚が両方の極に傾いた結果、どちらも完璧なバランスではないと気が付くのです

 

アナタは自分を満たすだけでは真に生きているとは感じられないでしょう

 

同じく他人にばかり奉仕して自分を大事にしないならいずれこんなはずではなかったという想いに苛まれる事になるでしょう

 

だからその両方をバランスよく満たすようにして下さい

 

どちらかというと自分を満たす事の方が簡単です

 

大勢の人を満たすと言うのはそれなりにお金も時間もスキルも必要だったりしますし

自分一人では限界もあります

 

ですから先ずは自分を満たすという事に注力した方が何方かというと簡単です

 

満たされた心の状態で在れば自ずと他人や周囲の人を満たす事に意識が向き始めます

 

私はどちらも極端に傾いた結果優先順位が強制的に変わる経験をしているので

お節介ついでに言ってるんです(´-ω-`)

 

出来るだけ皆には楽に生きて欲しいから

 

生きがいとは自分と他人の両方を満たしていく過程で勝手に手に入るものなのです

 

お金が好きという事と価値の序列にお金が上位にあるという事は=同義語であるということはですよ?

 

自分の事が大好き=価値の序列に自分という人が来ると言うことと同義語なわけです

 

アナタの現実は価値を感じているものが増えるように出来ています

 

お金が好きな人はお金を大事に扱い、さらにお金を増やししっかり管理するから

お金に好かれさらにお金持ちになっていく

 

恋人を大事にしている人は恋人から好かれます

 

では自分を大事にしている人は?

 

自分とは先祖の集合体で在りますから先祖やその他周囲の人から好かれます

 

自分最強w

 

自分と他人を満たす事は表裏一体でありどちらも本来は分離が無いので

どちらを満たす行為をしていても最終的には自分自身は満たされる事になるかと

思いますが

 

人生という長い道中どちらか一方に傾き過ぎていると不足しているように見えたり

自分はこれだけやっているのにという想いが出てきやすいという事なんです

普通の人は・・・

 

中には公のためだけという生き方で上手く行っている人もいます

 

ですがそういう人は何をしても何を持っていてもいなくても満たされてるはずです

 

そういう生き方が出来たらそれが一番理想なんですけど

 

私「そんなに人間できてねーんだよ」(´-ω-`)www

 

でもバランスよく生きるって絶対大事だと思う

 

お釈迦様も怠惰な人生を味わった結果これは違うと言って苦行一辺倒の道に行ったけど

結局そのどちらも中心からズレてる事に気付いて丁度真ん中がバランスがいいと悟った

 

中道こそが人間が本来自由と生きがいを感じられる道なんだと思います

 

アナタはアナタを愛し優先し満たしながらバランスよく公のための行動をしていく

ことにより不満や不足、欠如感を感じずに内も外も満たされた生き方が出来ます

 

「生きがい」とはバランス良く自分と他人を満たす行為である。

 

バランスというのは結構深いテーマであり

自分と他人の他に神や自然とのバランスというのもあります

 

それはまた別の機会にお話しましょう

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

とほかみえみため

 

ではまた~(^v^)/

 

 

 

一時の感情で物事の決断は絶対にしちゃだめだよ~(´-ω-`)

 

20180514_093227

マーティー・マクフライ「誰が腰抜けだって!」

 

 

映画バックトゥザフューチャーの劇中で主人公のマーティーは幾度となく

相手に腰抜け呼ばわりされるとカ~ッとなって回りが見えなくなります

 

そこで相手の挑発に乗って未来においてヒドイ目に合うという示唆を

ドクや外側の出来事が教えてくれるのですが最後の方まで気が付きません

 

映画においての一つのテーマであり私達においても投げかけられている

教訓でもあります

 

特に私は何度もこの映画を見ているのですが自分がそういった側面を持っている事に

今の今まで気づきませんでした

 

外側でいつも耳にする事、目にする事、繰り返し起きる出来事は自分の中の種が表面化しているので何度も見えている、気が付くように見せてくれているわけです

 

普通私達は自分が好きな音楽や映画などの娯楽は単に自分が好きで見ていると思っているかもしれません

 

勿論そういう側面もあります

 

ですが中には自分が捨てるべき観念や価値観が映画や音楽の中にメッセージとして

映し出されている事があるわけですね

 

例えば私の場合、自分は短気ではないと今まで思っていたのですが

自己認識が前よりもできるようになって、自分の意識の階層を何となく上がり下がり

出来るようになって始めて自分が短気で感情で物事を決めたりしていた事に気付いたわけです

 

恐らく誰しも一度は経験があると思いますが

怒りに任せて相手を傷つけた、傷つけるようなことを言った

男女の仲ならその時の感情で別れを決めた

投資であれば何か儲かりそうというプラスのテンションだけで決めて失敗した

オークションとかも分かり易いかな、ここまでの予算と決めていたのに熱くなって

予算オーバーして落札したはいいけど支払いどうしよ~とかなんとか(´-ω-`)w

 

そういう事って少なからずありますよね

 

でもそれが個人的な事ならまだ許されるわけですけど

ビジネスや大きな投資をする時などに単なる感情で物事を決めると後々大変な事になります

 

結婚とかまさにそうじゃないのかしら(・・?w

 

気付かないといけないのは感情が大きく揺れている時は既に中心からズレてるって事です

 

でもこれが中々気付けない

 

感情が大きく動く時ってそれに強力に引っ張られるから

正しい判断というか最適な判断力に欠けるんですよね

 

感情と一体化しちゃうんです(-”-;A …アセアセ

 

でもここで一度冷静になって感情自体に名前を付けてみて欲しいんです

 

それは怒りなのか悲しみなのか喜びなのか?

 

一体化したままだと感情に支配されている事に気付けません

 

ですが名付けると階層が上がるので感情を感情として俯瞰して見る事が出来ます

 

その状態で自分が怒りという表現、悲しみという表現、喜びという表現を

意識的に選択して表現している発散しているという所まで見れるようになりますと

その感情はその瞬間成仏、昇華されます

 

感情に憑依されたままですと、その憑依状態の意識が具現化されるので

怒りであれば人が離れていくという現象が起きますし

感情も種類が何百、何千?とあるのでそれに見合った意識の階層の次元の事が起き続けるのです

 

ですから問題が起きた時の意識状態では問題は解決できないのです

 

大抵の人は感情の階層を行ったり来たりしてますが

偏った感情の原因は間違った考え方に原因があります

つまり精神、思考です

 

自分の思うように現実が動いていないとしたら?

 

アナタは苛立ちます

 

でもそれは上手く行かない理由や他人のせいにしたりして

その出来事のギフトやプラスの側面が見えていないがために間違った解釈からの

思い込みが怒りや悲しみという感情を生み出す原因なのです

 

そのように一つの感情も階層を変えて見ていくとその種が何なのか

何が原因でこうなっているのかがわかってきます

 

人間関係やビジネスそれから投資は絶対に感情で決断はしない方がいいです

 

これはたくさん失敗してきたからこそ自信もって言えます(´-ω-`)w

 

20180514_092634

ドク「「君の未来はまだ決まってないということ。誰のでもそうだ。

未来は自分で切り開くものなんだよ。だから頑張るんだ。」

 

20180514_092859 (2)

マーティー「「誰にも腰抜けとは言わせない」

 

いや誰にどう思われたっていいんだよ

 

自分の言ってる事とやってる事が完全に一致してるなら

自己価値は自ずと高まっていくんだから

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

とほかみえみため

 

ではまた~(^v^)/

 

 

 

 

https://youtu.be/UyhF2MJqYxE

外側に起きる現象を誰かのせい何かのせいにしてる間は問題は解決できない

895000CC-478E-4295-AE98-3BC6B028A58F

とある騎士道精神に則った騎士

のオッサン「私は騎士道精神に則りなんちゃらかんちゃら~」

 

 

外側に現れてる現象はアナタの内側にある思い込みの種が原因

 

誰かに騙されようが嘘をつかれようが隠し事されようが詐欺に合おうが

何だろうがそれは元々そういう想いの種がアナタの内側にあったから起こるべくして

起きたのです

 

人は「木を見て森を見ず」だと周囲の事も自分自身の事も分からなくなくなり事を起こしてこんなはずではなかったと思ったりします

 

全体を俯瞰というか階層を上がった意識でいると勝手に情報やら何やらが来ます

 

誰かが何を想い何を意図して何をやってるか・・・

知りたいと思っていなくても知る事になります

 

知りたくなかった事もありますし(´-ω-`)w

 

それを咎めるわけでも批判や否定するわけでもなく

ただ自分の内側にそれを引き寄せた種があるんだなという内観になります

 

イラっとしないわけじゃないですよw

そんなに人間出来てないから(´-ω-`)w

 

ただ最近感情で物事を言ったり判断したりしなくなりました

(そもそも感情に左右される人は絶対に投資家やトレーダーにはなれない)

 

決断するのに感情を持ってしてはどんな問題も解決に至りません

 

私は普段のほほ~んとしてるので皆私が何を感じて何故そんなことまで解るのか

知ってるのか驚かれる事があります

 

実際は自分の中の曇りが無くなれば勝手に情報が向こうから来るだけなんです

 

本当は私という媒体を通して相手の問題の解決策というか答えが出て来てるだけなので

私ではなく集合意識の成せる技ですね

 

答えは内側にあるとは何とも示唆的です

 

内と外が完全に一体であるという事が人とのコミュニケーションでも明らかになります

 

そんな感じで自分自身を探求し続けた結果

他人が何を考えてどういう階層にいてどういう価値観を持ち

行動してるのかという事が知りたいわけでも探るわけでもないのに勝手に解るように

なってきただけです

 

人の意識が進化し続けた結果、嘘や隠し事って出来なくなるというか

そういう行為をする意味がなくなるんだろうなあ

 

例えそれが相手に直接会ってなくても話してなくても解ってしまいます

 

そんな自分の内側の種をどうするかって?

 

手放して祓って浄化してクリアリングするだけですよ

 

これなんの呟きだ(´-ω-`)w

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます

 

とほかみえみため

 

ではまた~(^v^)/

 

 

これ確か名作ゲーム「ファイナルファイト」の元ネタだよね(‘ω’)?

自分を知り大好きなことをやる

こんにちは
内野です

本田健さん著書
「ユダヤ人大富豪の教え」から
・幸せに成功したければ自分の大好きな
事を仕事にしなさい
・好きな事と得意な事を混同してはいけない

今している仕事に情熱が無いから
辞めなきゃいけないという事ではなく
得意な事で収入を得ながら
好きな事
情熱を感じられる事をするという事
でないと自分を責め、苦しくなる
自分の土俵で戦うということ

「苦境」の時ほど「命」深まる

EJWK9967

 

反省だけならサルでも出来る・・・

 

そんな言葉がいつだったか流行ったのを覚えている(´-ω-`)

 

サルは反省するだけ、人間は反省から学ぶことが出来ます

 

自分の想いというものを疑って見ることも必要だと思う今日この頃

 

自我のああしたい、こうしたい、こうすべきという思い込みを手放すことはとても大事

 

手放せなければ強制的に手放さざるえない出来事が反動として起きます

 

自分自身の小我でこうしたい、こうしようという前のめりの想いで動くと

どうにも流れが良くなかったり事がスムーズに進まない事が多々ありまして

そんな小我が顔を出して来た時には待て待て一度立ち止まろう!

 

今よりももっと、手に入れようとしてたり自分がやってるんだという勘違い

慢心していたり、欲望に突き動かされてる時にはいつも上手くいかないもんです

 

自分から取りに行かない、自分がやってやってる、やってやる

そんな小我の想い自体が既に中心からズレている

 

自分から追うんじゃなくて的になる

 

物事は自分自身の準備が出来ていれば自ずと向こうからやって来ます

 

だから常に自分が望む自分であるように準備を怠らない

 

油断しない、慢心しない、中心からズレない

 

矢を自分から放たない

 

矢が向こうから飛んでくる的で在り続ける

 

そういう在り方からズレてる時に人は「苦境」に立たされ自分の力「エゴ」で

現実を人をお金をコントロールしようとします

 

そこでしっぺ返しを食らってまた中心に戻る

 

そんな事を繰り返してようやく整った在り方をマスターしていくんですね

 

謙虚さこそ「伸びしろ」であり永遠の改善で在り進化し続ける「命」本来の輝き。

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

とほかみえみため

 

ではまた~(^v^)/

 

 

今年最大の厄払い

9864418D-6B19-4849-8C2B-368AF9018634

ケンシロウ「シン! てめぇに会うために地獄の底から履い戻ったぜ!!」

 

今まさにそんな言葉がお似合いな近況報告

 

先週親知らずを抜いたのであります

 

が!?

 

正直痛かった・・・

 

そうこれはまさに

 

1D8BE5FD-0365-448C-A4A2-55BDB43F26F9

フリーザ「今のは痛かった・・・

     痛かったぞ―――――っ!!!!!」

 

であります(´-ω-`)

 

 

そんなコロナとかあっさり吹き飛ばす程の今年最大の痛みを味わうこととなったのである

 

親知らずと言えば常在菌が疲れてる時や睡眠不足ストレスなどで

歯茎に炎症を起こしたり様々なトラブルを起こすと言われる厄介な歯であるわけです

 

そういった例に漏れることなく私も親知らずから来る歯茎の炎症を引き起こしまして

今の内に抜いたほうがいいですよという事になりました

 

が!?

 

これが今までの歯の治療史上最大に痛かった・・・

 

20181102_203917_大_Moment (4)

 

フリーザ「さ・・・さすがのオレも今のは死ぬかと思った・・・・・

     このフリーザが死にかけたんだぞ・・・・・・」

 

終わった後思わずこの名台詞を口走ったほどの激痛と長い時間でした

 

しかし痛かったのは抜いた歯の部分ではなくまだ炎症が収まっていないうちに

私が歯を抜いてくださいと言ったので炎症部分に色んな機械やらガーゼが当たって

そこは麻酔してないから痛いのなんのって正直あまりの痛さに泣けてきたね

いやもう笑けて来たよ(-”-;A …w

 

まあ全部自分が決めたことだからねw

 

なんでもそうだけど自分で決めたことでこのザマであるなら

そのザマなのよw

 

治療後痛くて口開けられなくて

生まれて初めてロキソニンというものを服用してみたのよ

 

めちゃくちゃ効いてビビったのよ((+_+))

 

だから怖くて一回でやめたのよw

 

効きすぎてお姉口調になってきたのよ(´-ω-`)

 

皆さんも親知らずを抜く時は炎症などない普通に健康な状態のときに抜きましょう

(´-ω-`)

 

地獄を見た経験者からの老婆心ってやつですw

 

まあただ若いうちに親知らずを抜くと言う決断は最適化なのかなと思いました。

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

とほかみえみため

 

ではまた~(^v^)/

 

https://youtu.be/Y-vtEQJTwI8

 

https://youtu.be/6TBtqwY0k0s

罪悪感のないピカソ

こんにちは
内野です
前回の「うまくいったやり方から捨てなさい」
の次に出版された
「幸せのプログラミング」
コンサルティングを生業にしている方ならではの
クライアントとのやりとりからの統計を元にした考えが、
ビジネス系の書籍で言われてる事とは異なる点
例えばお金にまつわる話しで
「お金は労力の対価だ」
と言う人と
「お金は与えた価値の対価だ」
最近後者の方がよく目にします
しかし著者は
どちらでも無い
「お金は罪悪感が無い人に集まっているだけ」
絶対的なお金のルールとして
「お金は罪悪感のない人に流れるように出来ている」
ほとんどの人が
お金=悪いもの
と無意識に捉えてる
罪悪感ゼロのピカソ
100万円のタンスを小切手で払う時に
数字の横にちょっとした絵を描いていたそうです
お店の人が受け取ったのはピカソ直筆の絵が描かれた小切手
換金して得られる100万円よりも明らかに価値が高いものなので換金されずにとっておきます
小切手が換金されないという事は
ピカソの口座からはお金は引き落とされずにタダで買い物が出来る訳です。
お金の罪悪感が無い人とは
こういう人
この辺りは自分に置き換えると
罪悪感ではないが
指名して来てくれてるから
期待に応えようとか
結果ださなきゃって思いが
昔に比べたら今はだいぶ減りました
今はお客様と共有した時間や空間に既に
価値があると決めてるので施術がどうこうとか
会話がなくてもOKにしています
今日も最適な形で目の前の人を癒すことと
素敵な出会いがあることを決め
出勤する時に玄関の扉を開けています
今の自分で充分価値がある。 以上