Official blog

カテゴリー別アーカイブ: 日記

感情は表に出す事で浄化される

FA07F092-6A50-4F57-975A-335DC8C29918

キングコング「ウウウホホオオオオオオオオッッッッ!!!!

 

 

OKAGESAMAが全世界に送る 驚異の超大作

 

ゴリラVSタコ

 

いや問題作やろそれw

 

昨今の怪獣ブームに乗っかってみたw

 

 

とあるネイティブ・アメリカンの言葉にこんなのがあります

 

「ネガティブな感情を抑圧するのは、

腐った牛乳を冷蔵庫に入れっぱなしにしておくのと同じ」

 

私達日本人は礼儀正しく慎ましいなんて外国の方たちから言われるみたいですが

それは仮面をつけているという側面もあるような気がします

 

当たり障りのない関係、出来るだけ波風立てないように生きたい

みたいな保守的なのが日本人という印象です

 

人生の出来事に一喜一憂しないというのはとても大事な事だと思います

 

ですが人間には喜怒哀楽という感情がある、備わっているんです

 

それは必要だから備わっているのであり、何のためかって?

 

それは感情表現するためです

 

でも私達は他人から嫌われたくない、好かれたい、どう思われるか気になるという

心理的なブロックがあるため中々感情を表に出そうとしない

 

無意識に自分の感情を抑え込んでいたりします

 

俗に言う仮面夫婦や喧嘩(良く言えば理解し合うための激しめの話し合いw)をしない

カップル(最初のうちはしなくても当然ですけどね)は相手を大事にする、気を使うあまり自分の本音を曝け出せない、怒りや悲しみといった弱い部分や醜い部分を出せないわけです

 

本当の自分を偽っているから仮面なんです

 

目の前の人間は鏡、特に一番親しい夫婦や家族は鏡そのもの

 

私達は自分自身である鏡に映った相手の行動特性に対して怒りや罪悪感を感じているのです

 

ですがその鏡に映った相手は、過去に自分がそれと全く同じ行動特性を誰かに示した、

その事を未だに引きずって罪悪感や羞恥心を感じているから、その時の感情がフラッシュバックされ相手に自分の鏡である外側の世界に映し出されているというわけです

 

無意識は自分自身を防衛するために本能的に、自分を守ろうとして相手をジャッジして

怒りや批判を向ける事により自分自身の内側の醜い部分を見ないように回避しているというわけです


人は自分の闇や醜い面を見たくないし認めたくないわけです

 

そこに愛されたい、愛されない、ただそのあるがまの自分には価値がないという怖れそ

核心があるんです

 

でもそれはず~っと子供の頃かいつか解りませんが、腐った牛乳を冷蔵庫に入れっぱしにしておくようにいつしか悪臭を放つようになります

 

それが漠然とした不安や恐れ、悲しみ、無価値観、何をしても手に入れても満たされない渇望感、欠乏感、焦燥感、やるせない怒りとして外側にある日突然出てきます

 

突然キレる人というのはこういう負の感情を認めず本心を押し殺して生きているからなんです

 

ケンカを全くせずに仲が良い夫婦というのは実は無関心という、相手に気を向けていない

状態、つまり愛が無い状態に近いかも知れません

 

ですが、そうなった経緯を辿ると、やはりそういう原因が過去にあったのだろうと思うわけです

 

ですがそれを続けていると、ネガティブな感情が溜まっていき湧き上がってくることに

遅かれ早かれなります

 

ポジティブ思考に偏り、いつも笑顔を絶やさず羽田から見ても評価が高く頑張っている

お母さんとか、特にこの傾向が強いような気がします

 

いや自分もそうだったから言えるんですけどね(;^ω^)

 

自分の中心にいるとか整えるって聞くと、さぞあの人は絶対怒らないし恐れたり

ブレたりしないんだろうなと思わるかもしれませんが

 

ファーストジャッジは必ずしますし、その瞬間怒りや悲しみ、不安、イライラ、恐れは

感じるんです

 

感じて当然だし、それ全く感じないんだったら、喜びも感じられないので

いつも無表情だと思いますよw

 

喜怒哀楽は人間の自然な営みです

 

でも私達はそれを普段抑えて感じないように感じないように抑圧して生きているわけです

 

川水は山の上から大海原に流れていくことにより大海原と一体になり浄化されます

 

感情も出て来た感情を感じ切り表現する事によりきれいさっぱり浄化されるんです

 

子供はギャーギャー泣きわめいたり、怒ったりしていると思うと、次の瞬間は無い事もなかったなように、また新しい遊びを始めるようなものです

 

あれは、その瞬間全部出し切ったから、ネガティブな感情が跡形もなく消えただけです

 

それを単に感情の浄化と呼んでいるだけで子供は普通にやっている事です

 

やはり自然な流れを堰き止めるから不自然なことが起きるんです

 

お母さんが日々の生活をどこか無理していたり感情や本音を抑圧すると

子供が病気になったりトラブルを起こしたり、引き籠りや問題を起こすようになったりします

 

それが自分自身の病気や謎の症状、人間関係のトラブルだという例があったりします

 

これらの自分が押し殺してきたネガティブな感情の事を心理学ではシャドー(影の自分)というわけです

 

その影を手放せ、癒せと他者が鏡となって見せてくれてるんですね

 

このように感情を抑圧せずに表に出す事、解放してあげることはアナタにもアナタのパートナーや周囲にいる人達にとっても癒しという事になるんです

 

パートナーであれば感情は抑圧せずに出し合おうと先に話し合っておけばいいんです

 

それは本当は自分はこうして欲しかった、こう言って欲しかった、こういう態度や言い方は傷つくとか、自分の価値観を相手に伝えることにもなります

 

でも、感情って出てくることが自然だし、それを自然に表現出来て事、それは消えるわけですから、残しておくから後々トラブルの原因になるんです

 

今日から感情を表に出す、表現するという事をやってみてください

 

腐った牛乳を残しておかないようにw

 

 

余談すけどそれを続けていくと、あることに気付づく人が稀にいます

 

感情を表現する先にある、本当に感じるという事に

 

感情を誰かにぶつける事でも、物にあたるとか泣き叫ぶとかとは違う

 

統合するというプロセスです

 

その爆発的なエネルギーの存在を許す

 

それがあるがままに流れていくことに身を委ねるという感じです

 

時に苦痛を伴うプロセスを経て癒しが起きるんです

 

両親や先祖から受け継いだ抑圧や寂しさ、孤独感、怒り、悲しみ、罪悪感などのもっと奥にある人類の集合的無意識からくる感情です

 

そして喜怒哀楽はどれも同じエネルギーであり、思考がそれを良い悪いとジャッジしてるだけだと

 

そこと繋がる必要はないんですけど感度が強い人、そのエネルギーを浄化する器がある人にはエネルギーが流れ込んでくる可能性があります

 

どちらにしろ抑圧されたエネルギーは何かしらの形で表に出てきます

 

覚醒体験が起きる時には一見苦痛を伴うそういうプロセスがあるように思います

 

覚醒とか覚醒したとかも所詮、二元論ですけどねw

 

そもそも潜在的には皆悟った存在

 

話がそれた(´-ω-`)w

 

因みに誰にもぶつける事の出来ない怒りや悲しみは水を使ったワークというものがあって

 

お風呂場の中に顔を浸して大声でエネルギーを発散するという方法があります

 

これ効果大ですw

 

やり終わったら必ず風呂の水を塩で浄化して流して下さいね

 

決して負のエネルギーが転写された水をそのまま海に流さないでくださいw

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます

 

アナタは既に愛されてる

 

ではまた~(^v^)/

 

私の中ではゴジラ対キングコングと言ったらこれなんだけどな~

世代が違うけどw

https://youtu.be/JREeTkwMtXY

不安なら不安を感じていない人に主導権を握ってもらおう

20180730_170033

武蔵塚公園に久々にチャリで行ってきましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

言わずと知れた宮本武蔵のお墓がある場所です

 

 

問題っていつだって勝手に起きますよね?

 

それが大なり小なり人ぞれぞれ抱えているものは違うけど

 

でもそれって自分がステージを上げるために勝手に潜在意識が起こしたものです

 

問題がダミーでさらに良くなるため自分の意識を変え思考を変え在り方を変えやり方を変え、握っている不要な思い込みを手放して拡大成長するために自分がせっせと拵えたチャンスでしかないんです

 

言い切りますけど絶対そうなんです

 

今の社会情勢は間違いなく人類全体が次元上昇というものを選択したから起きている一つの目覚めのキッカケであるわけです

 

とことんエゴを手放して本来の神でも宇宙でもなんでも呼び方はいいけど

自然と同調して生きろってことみたいです

 

さてせんざい

 

アナタが不安でどうしようもない時に「大丈夫」と言ってくれる人はいますか?

 

周囲が混乱していたり

困難な状況や一見自分ではどうしようもなく見える(現実は自分の思い込みどおりに見えてるだけ)状況の時に冷静に物事に対処し全体を俯瞰して見てる人

問題を問題としないで只起きた事とフラットに見ている人はいませんか?

 

犠牲者でも被害者でも加害者でもない中心にいる人です

 

一番リラックスしていて、頭がハッキリはっきりしていて一番高いビジョンを抱いている人です

 

どんな時でもパートナーシップにおいてもチームにおいても誰か一人が心の平静を保ち

中心にいる限り何も心配する事も危険なこともありません

 

危険なのはチームのメンバー全員が混乱し動揺し心の平和を失った時です

 

誰が1人が健全で整った精神状態、思考を保っていればどんな嵐も乗り越えていく事が出来ます

 

問題を問題とせずに解決しようとするのではなく只冷静に自分の意識を飛躍させるほうに向かう

 

思い込みとエゴを手放し、直感にしたがう

 

ホリスティックに対応する事が必要です

 

サバイバル能力はこういう時代だからこそ磨かれるんでしょうね

 

必然的にw

 

慌てない~慌てない~一休み、一休み。( ^^)

 

20180730_170101

 

どこかの誰かが言っていた

 

「この街は、この高い場所から見下ろしたら凄く美しくて平和に見える。」

 

そりゃそうだと思いながら・・・哲学的だとも思ったw

 

20180730_16552020180730_16554420180730_16555120180730_170017

 

ここも空気が澄んでて落ち着く好きな場所の一つです(´-ω-`)

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

アナタならきっと大丈夫!

 

ではまた~(^v^)/

 

https://youtu.be/-6w_opp7Doo

 

https://youtu.be/nK5nvGI2Iko

その罪悪感は間違っている!

3B8605B8-1FC1-4F5C-BA46-E3B5C762FF53

ケンシロウ「お前はもう許されている。」

 

コロナにかかった人

 

自分が誰かに感染させてしまった人

 

その感染者が亡くなられたという人

 

そんな人たちが抱える罪悪感

 

それって罪なんでしょうか?

 

故意に移した人なんているんでしょうか?

 

物事は只勝手に起きているだけです

 

私達がそれに勝手に意味づけしているだけなんです

 

コロナというのは只の病ではなく人間の負の部分を感情的にも物質的にも炙り出す

劇薬のようです

 

物事には必ずプラスとマイナスの側面があるんです

 

それは本当にあるんですね

 

コロナで感情が強く揺さぶられる人は、思い込みや負の感情を浄化するチャンスでもあります

 

今までの生き方をやり方を見直すチャンスになります

 

その中で使命に気付く人もいれば、そのまま怖れに飲み込まれ身動きが取れない人もいるでしょう

 

怖いのは解ります

 

でも恐れに屈しては被害者として犠牲者として、これからも永遠に生きていく事になります

 

頭でごちゃごちゃと考えていると怖れに飲み込まれます

 

この社会的な出来事は左脳的な動物的本能から、右脳的、直感型の意識へと人を進化させつつあります

 

アナタのエゴの声はアナタを責め続けるかもしれません

 

でもアナタの魂は、純粋な意識は何と言っていますか?

 

アナタが他人と比較したり自分を責める声は真実ではありません

 

真実は愛と感謝のみです

 

私も父を亡くした時は、自分が臓器の提供を断ったせいだと自分を数年責め続けました

 

身体が原因不明の不調になるくらいに

 

でも私が臓器提供を断ったことによって、私の父は私に自分の本音で生きる事

 

「決して他人の意見や目を気にして生きるな!他人軸で生きるな!他人の価値観で生きる

な!自分の価値観に従って生きろ!自分で正解をつくって生きていけ!」

 

「自分軸で生きろ」という事を命がけで教えてくれたわけです

 

少なくとも私の心の声はそれをキャッチしたわけです

 

こういうメリットは頭で考えても理解できない事だし、頭で考えてもアウトプットできないです

 

全ては直感が導いてくれます

 

父が顕在的には息子に教えらえなかった事が潜在的には後から学びとして

プラスになって失ったように見えて得ていたわけです

 

コロナが起こす出来事にも同じようにメリット、デメリットが必ずあります

 

その出来事に対してフラットな物の見方が出来れば罪悪感は解消されます

 

自分がした事、された事はプラスでもありマイナスでもあったという気付きが得られれば意識は統合され量子的飛躍が起きるんです

 

自分を責めて苦しい思いをしている人がいたら

それを感じる事を許してあげてください

 

でも感じ切ったら、それを今日もう止めようと決める事です

 

そしてアナタが罪悪感を感じるキカッケとなった出来事が、その対象の人達にどんなメリット、プラスを与えているかに気付く事です

 

それに気付けたときアナタはまた一つ意識が拡大し自由になれます

 

アナタはそもそも罪人でもなんでもないんです

 

既に許された、愛されてる人です。

 

 

 

今日もありがとうございます

 

アナタならきっと大丈夫

 

応援してます☆彡

 

ではまた~(^v^)/

本日より営業再開です

OKAGESAMAのロゴ

 

この度お店の運営について見直し、検討した結果

営業時間を朝10:00~夜9:00までとさせていただく運びとなりました。

 

この件に関しましては昨今の社会情勢とOKAGESAMAで働く事業主の方たちの

健康とQOLに配慮した新しい働き方をして頂きたいという私の想いとお客様に対しては

ご迷惑をおかけする事にもなろうかと思いますが、事業主が健康で活き活きと仕事が出来る環境あってのOKAGESAMAだと思っております。

 

勿論その前にお客様あっての我々ではございます

 

しかしより良いサービスをお客様もお求めだという想いに答えるには

事業主の体調管理、健康、QOLがサービスの質に繋がるものと考えております

 

突然の勝手な変更ではございますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします

 

今後もより質の高いサービスを、癒しと情報、セッションなどを通して届けさせて頂きますので末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

告知

いつもokagesamaご利用いただきまして誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら店舗リニューアルのためしばらくの間、一時休業とさせて頂きます。

ご利用のお客様には大変ご不便をおかけ致しますが、ご了承下さいます様にお願い申し上げます。

引き続きご愛顧の程宜しくお願い致します。

ご来店心よりお待ちしております。

安心してご利用いただくために

いつもご利用頂きありがとうございます。

引き続きコロナ感染症対策として
入り口にアルコール除菌ジェルをご用意しておりますので
ご入店の際にはご協力お願い致します。
またお客様に使用するフェイスタオル、フェイスシートも
施術ごとに取り替え衛生面にも気をつけておりますので
安心して当店をご利用ください。
天候が安定せず自律神経への影響もありますので
どうぞリラックスした時間を当店でお過ごしください♪

ブログ画像

ブログ画像

摩訶不思議なノンデュアリティ (非二元性)の世界

B297FAD1-7BB3-41F5-8B2B-52D92A17D43C (2)

 悟空「ひゃっほーい!!!」

 

 

不安や恐れや罪悪感そういう感情は自動で起きてくる

 

集合意識から、そこに周波数を合わせると勝手にキャッチするようになっている

 

私達はまるで、愛ではなく怖れを選択するようにプログラミングされているみたいだ

 

それは全て幻想であるのに人類の大多数がその幻想を採用して生きているので

個々の人生は何か抗えない力に支配されているように見える時があります

 

ワンネスという意味を考えた時にノンデュアリティ (非二元性)という言葉が浮かびます

 

これは自体一体感、境界線の無い様、ようは二元性の思考では捉えられない意識の次元の話だと思うのですが、何のことはない

 

観察される世界は観察者の意識を投影した鏡の世界なのだから

 

アナタと私は元々一つでアナタは私の意識の投影であり

 

その他の世界の全てが私の意識の投影なのだから私=世界

 

つまり私は世界の全てとそもそも完全に一体だという事はロジック的にも納得いく話であり別に悟りが必要なわけでもビジョンが見えるわけでもなく直感でわかるものです

 

それを曇らせているのは思考が自分と世界との境界線を幻想として創り出すから

分離があるように見えるわけです

 

ですが真実は常に私達はワンネスでありノンデュアリティの世界というか

その本質、性質上、元々どうやっても自他一体という真実の姿からは一瞬たりとも分離したこともする事も出来ないわけです

 

それを分離したように、あたかも他人という外側の世界の住人、外側の出来事というふうに思考が世界と自分を切り離します

 

切り離された自分という幻想が寂しさや恐れ、罪悪感、無価値観というストーリーを創り出し現実に反映させます

 

ですが私達はそれに逐一気付き、その幻想から自由でいることも出来るんです

 

それにはこの瞬間の自分のマインドに気付く事です

 

思考の嘘を映画のスクリーンを見るようにただ観察するだけでいいんです

 

それが真実では無く通り過ぎる風のような雨のような時に嵐のようなエネルギーの流れが勝手に起きてくるのを見るだけで今この瞬間は何も実際には起きていない

それに思考という集合意識で反応すると、パターンというストーリをつくるだけだと気付きます

 

私達の本質は完璧に価値のある宇宙その物だという事に気付いている事です

 

気付けるようになると自分の思考パターンがわかってきます

 

そのパターンが解るようになると瞬間ごとに自分の脳の解釈を変える事も

望む周波数を選択することも可能となります

 

そしてそのままな何も変わる必要はない今のままの自分で良いんだと思えるようになります

 

常に日々、罪悪感や無価値観に気付いていようがいなかろうが重荷を背負い

ぞの思考を現実に反映させる無意識的な生き方を選ぶのか?

 

瞬間ごとに、その思考に気付いて目覚めた意識的な生き方を選択するのか?

 

マインドの奴隷になるのか

 

それとも思考の嘘に気付き見破りマインドの主人になるのか

 

人生を意識的に生きるのか集合意識に囚われて生きるのかは、このどちらか一方しかないと思います

 

二元性から抜け出して非二元性の世界で生きるコツがあります

 

それは起きた出来事を自分や他者や自然災害や社会情勢などひっくるめて抽象度を上げて

宇宙の外側から自分の宇宙を見るという視点に立つ事です

 

問題を問題としない事

 

問題が起きた時の意識状態では問題を解決できないわけです

 

そもそも問題ではなく出来事が起きただけであり、何もする必要がないわけです

 

でも自分はどうしたいのかを問う事は必要

 

例えばAさんがBさんを批判した、Aさんの価値観でBさんをジャッジしたわけです

 

これ自体は悪い事でもなんでもないわけです

 

気に入らないなら本人に直接言えば済む話しですから

 

でも陰で権力がある人や力を持っている人に、あの人は悪いことをしていると話すのはどうでしょう?

 

相手を裁いているようで自分を裁いてるのに気づいてないんですね

 

それを聞かされた方も当然良い気はしません

 

言いたいことは本人に言えとw

 

でも何度言っても解らない時は、私も包括的に全体にどうなのか話します

 

事実が最初に解らなかったとしても、自分の言いたいことを話ます

 

本当は相手の話を聞いてから自分の話をするわけですけど

この場合はイレギュラーです

 

だって解って欲しいのはBさんにじゃなくてジャッジしてるAさんに解って欲しいから

 

本音で話をすると皆の価値観が顕わになるわけです

 

それを聞いて誰かが間違ったことを言ってるんでしょうか?

 

いいえ誰も間違ってません

 

皆ただ自分の価値観にそって生きているだけだから

 

まず人の話を聴かない、本音で話さない、ありのままの自分を抑圧するから不平不満や

他人が鏡として見せてくれている部分にジャッジが入るんですね

 

これはもちろん、ありのままで生きる事への無意識の恐れや自分の本音や感情を出してしまうと受け入れられないんじゃないかとか、嫌われるんじゃないかという恐れがあるから本心を抑圧するわけです

 

自分で自分の認めたくない部分を受け入れられないから

 

だから自分の価値観で受け入れられない部分が他人に映るとジャッジしてしまう

 

本当は他人が存在しているんじゃなくて自分の意識が映し出された幻想があるだけなのに

 

別の例では

本当は寂しくて他人と繋がりたい、話したい、頼りたい、でも頼れない話せない、

それって自分が壁を造ってるだけなんです

 

プライドが邪魔してるのか色んなケースがあると思います

 

深堀すると解ってきますし自分や良くあるケースとしては

 

頼りたくても頼れないのは、あなたの両親が自己犠牲の人だったからかもしません

自分よりも他人を優先してる生き方を無意識に見て育ったので自分も誰かに頼っちゃいけないとか

 

離婚して男性に何らかの不信感を持ってしまった女性は男性に頼らないようになったりします

 

それが主体的に自立したという意味ならOKです

 

でも本当は寂しくて辛くて誰かに頼りたいのに頼れないという選択を無意識にしている場合は解放しないと人生多分ツラいですし

 

恐らく次のパートナーもアナタを頼ってくる依存的な人を引き寄せます

 

私は女性に頼れない人間だったので解りますw

 

女性に優しくしなきゃ、大事にしなきゃ、頼りになる男にならなきゃ、甲斐性がどうのこうの~とかw

 

それは別に悪いことじゃなくて自分の特性としていいんですけど

これも度を越えると只の自己犠牲になるので同じく依存的な女性を引き寄せます

 

マジで自分が何とかしてあげなきゃならない女性を引き寄せるんですw

 

で、それもう止めようと思ったんです

 

いいじゃん別に女性に頼ってもw

 

いいじゃん私、別にポンコツでもw

 

誰かの価値観じゃなくて自分を生きていいじゃん!

 

ってなったら何か心が楽になって、もう誰かに頼る罪悪感ないんですよね(´-ω-`)

 

まあそういう自分が人の役に立ってるプラス面をちゃんとワークしてやったからだと思うし、両親から受け継いだ罪悪感や無価値観を手放せたからだと思います

 

かなり向き合うのにお金と時間を使ったけど(;^ω^)

 

本当の自分で生きだすと離れていく人たちも出てきます

 

それまでアナタが仮面をつけて生きてきたなら、仮面を外すと仮面をつけて付き合ってた人は自分の素顔を見せるのが怖いし違和感を感じるので離れます

 

ありのままの自分で生きると、ありのままのアナタを受け入れてくれる人が引き寄せられます

 

でもいいじゃないですか、ありのままの自分を受け入れてくれない人達と一緒にいるのっていやでしょう?

 

経営者という立場になるとみんな解るようになると思うんですけど

 

スタッフがどうのこうのじゃなくて結局自分の何が映し出されてこうなってんの?

 

本当は自分はどうしたいの?

 

誰かが悪いわけじゃないよね、という全て自己責任という事が腑に落ちるわけです

 

それは確かに人のせいにしてれば楽ですけどね

 

後々それは何の生産性もないし、人間関係や物事を破壊するだけだと気付くだけです

 

確かに内面的には完全に孤独な作業でしかないです

 

誰かのセッションを受けても、結局考えて答えを導き出すの自分ですし

苦しい痛みをまた感じるのは自分だし普段それを避けてるから表に何らかの形で出てくるわけで、どこまで行っても自分との関係は永遠に続くわけであります

 

自分と向き合えないと問題は問題となるだけだし

 

乗り越える壁があるように見えるけど自分が作ってた壁だと気付いて壊す

 

進むとまた壁が出て来て気付かされて、また壊すという誰も気付きも見向きもしない

超地味ば作業工程があったりしますw

 

壁は単なる思い込みという幻想でしかないんです

 

でもこういう生き方は何かを誰かのせいにする生き方ではなくて

ああ自分じゃんこの世界に映る全てが

 

そんなアナタと私という二元的な生き方ではなく

 

アナタは私という自他一体=非二元性

 

非二元の世界、つまりありのままの自分を認める世界

 

それがノンデュアリティですね

 

私達の脳は常に変化進化する性質があります

 

脳の可塑性(かそせい)というプロセスです

 

脳はニューロン(神経細胞)で構成されてます

 

ニューロンは単独では存在せずシナプスというニューロンと別のニューロンを繋ぐ

神経線維によって結ばれ脳全体に宇宙大のネットワーク(神経回路)を形作っているわけです

 

アナタが何かを考えると、それは脳の中に保存されます

 

シナプスに保存されたデータは新たなニューロンを作り出しそれはドミノのような

神経パターンを創り出します

 

つまりネガティブな思考パターンは次々にネガティブな現実を頭の中で創り出すんです

 

であるならポジティブな思考パターンに切り替えればいいわけです

 

でも、それにはマイナスな思考パターンになった過去の出来事の思い込みを外して

愛と感謝にする必要があります

 

そうすると新しい神経回路が出来上がます

 

ネガティブな思考パターンが繰り返されると、ポジティブな思考パターンは退化します

 

この終着点がうつや燃え尽き症候群、自殺だったりするわけです

 

でも実はポジティブな思考パターンに偏るというか物事を中立に見れる視点に立った時

中心が自分が整いありのままの自分で変わらなくても良いんだねってなるわけです

 

そうなるまではプラスとマイナス感情を行ったり来たりします

 

自分の場合、瞑想、マインドフルネス、祓い鎮魂、運動などを止めるとやっぱりブレブレになったりネガティブな思考に偏る傾向があるので自分って意図的に整えないとマイナスに偏るんだなって思います

 

でもこれが瞑想や、朝、夜の気分の整えや言葉を整えるとやっぱ全体が整ってくるんですよね

 

脳にどういう神経回路を作るのかで現実が変化していくというわけです

 最近感謝の涙という意味が少しずつ解ってきた気がすします

感謝って意識が統合した瞬間出てくるもんで自然と涙が出てくるのは全てが完璧だと腑に落ちた時で、それがブレイクスルーなんだなと。

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます

 

アナタはそのままで愛されてる

 

ではまた~(^v^)/

罪悪感はもう持たなくていいよ VOL.2

57F13E57-C2E2-49DD-ABB9-39E9F36AEA12 (2)

トランクス「・・・。」

FDDECBB7-A541-464B-81DF-53E09F7BB4B7 (2)

18号「‼?」

 

 

自分を愛する事ができるようになると不思議な事が起きるようになる

 

今まで上手く行かなかったことが急に上手く運び出したり

周囲の人から素敵ですねとか、色んなところを褒められたりモテたりするようになって

パートナーが出来たり昇進したりお金が増えたり願望が叶うようになる

 

でも勘違いして欲しくないのは、アナタの容姿が美人だからとかイケメンだからとか

才能があるとかお金やキャリアがあるからとか有名だからとかじゃないってことです

 

それは先にアナタが何者でもないあるがままのアナタを認めて愛したからです

 

地味にちょっとずつ自分の事を駄目出しせずに誉めて褒めて優しくして愛の言葉を投げかけて自分に愛を与えて感謝して本当の心の声に素直に行動してあげた心の投影として周囲から愛されるようになったわけです

 

それを絶対に忘れない事が肝心です

 

お金や成功、社会的権威や影響力を持った途端そういうステータスや他者が与える承認やレッテルがアナタの価値を決めてると勘違いないしない事

 

そういう外側の他者の承認がアナタの価値を決めてるわけじゃないってことです

 

そうじゃなくていつでもどんな時でもアナタ自身がアナタの価値を決めるというだけの

お話です

 

アナタを認めて愛して価値を与えるというまさに魔法のような力を使えるのは

宇宙でアナタだけなんです

 

それを忘れずに自分と同時に外側の世界も愛せるようになると

 

内と外は全て一つで世界はワンネスであり自分を愛する事が世界を愛する事であり

目に見える全ての人、物、出来事を愛することで、それはまた自分自身を愛することになるんですね

 

パラドックスな不思議な世界にいる、というか自分自身が生み出した幻想なんです

 

ある種のチートですけどね、こういう考え方で生きるというのは( ^^) _U~~

 

でもこういう生き方や思考で誰かの人生が楽に楽しくなれば良いと思うのであります。

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

アナタは既に愛されてます

 

ではまた~(^v^)/

 

https://youtu.be/eVYM9gZsrWg

罪悪感はもう持たなくていいよ

71A45C97-D75D-4F34-9889-F8F8560F1268 (3)

18号「またトランクスか なあ17号、もうこいつやっちゃっていいだろう!」

42C3A652-5536-4C04-95F7-81F5F3F3F240 (4)

トランクス「・・・。」

 

この二人の容赦ないやり取り(;^ω^)

 

 

私達は何かにつけて自分自身をジャッジしてきました

 

それは両親、はたまた先祖代々から続く負の連鎖、社会の定める価値観でもあります

 

それらが果たして私達を幸せにしたでしょうか?

 

自分に苦しい思い込みをさせても幸せにはしてませんよね

その思い込みを持ったが故に生まれるプラスの作用もあるんですけど、その話は一旦置いといて罪悪感を感じつつ生きていると中々人生ハードモードになるんですよね

 

何故近年、世界を見渡しても離婚率がこんなに多いのか

それは社会の価値観が変化しているからという事もあるのかもしれませんが

もっと根本的に私達自身が他者との付き合い方の前に自分自身とどう付き合っているのかというのが鏡となって分離という現象を引き起こしているのかもしれないです

 

罪悪感の正体は無価値観だから、受け取るべきものも受け取れない

人に心を開けない開かない、自分が心を閉ざしているので他人を弾く

表面上は当たり障りなく付き合えても深い関係性は築けない

自分が相手に入って行きたくても壁があるので自分も相手も懐に入れないわけです

 

それは物でもお金でも人でもそうなんです

 

自分が価値を感じれない人や物に価値あるものを与えようとしますか?

 

罪悪感、無価値観という強固な壁が豊かさや愛を受け取るのを拒否するんです

アナタの表面的な意識とは別に無意識が勝手にね

 

何となく心当たりありませんか?

 

お金やスキルがない自分はダメとか(他人と比較して)何らかの成果、結果を出していない出せてない自分を勝手にダメだとジャッジして自分に厳しく辛くあたってません?

 

そもそも自分を価値の無い人間だと何処かのタイミングで恐らく幼少期に思い込んでしまった場合、大人になってもその頃の欠乏感に駆り立てられ、がむしゃらに頑張って他人からの承認を得ようとしたり自分にお金やビジネスの成功という形で付加価値を付けないと

自分にOKが出せない価値を感じる事が出来ない

 

でもそれは前提が無価値観という幻想を信じてしまっているので当然、外側の世界にそれを求めても内側の反映である三次元世界でのアナタの欠乏感、焦燥感は埋まらないわけです

 

アナタが本当に欲しいのはお金でもキャリアでもなく愛です

 

これは自分含めて誰しもがきっとそうなんです

 

では誰からの愛?

 

 

幼少期に遡ってみると、それは紛れもなく両親の愛情を欲しがっていたわけです

 

当然本能的には正しい行為ですよね

だって子供は両親が面倒見てくれなかったら生きていけないわけですから当然

両親に愛されようとします

 

ですがその本能故に、それが得られなかったと間違った錯覚、認識をしてしまうと

それが子供心に深い悲しみや罪悪観、無価値観となって大人になったその後の人生にも暗い影を落として生きていく事になります

 

そこに私達の恐れや不安の種があるんです

 

それは幼少期でもあるしアナタの両親も御先祖もそうであった負の連鎖の思考パターンだという事です

 

ではその本質は?

 

私は常に自分に自信を持ちたい、人生に宇宙に何らかの法則があるならそういうものへの確信を持ちたい、自分の価値を証明したいと思って生きてきました

 

それは裏を返せば自分に自信が無いという事の現れです

 

もっと言い方を変えると素のままの自分では他者に愛される自信がないという事です

 

もっと深堀すると今この瞬間の自分の価値を自分で認められないという事です

 

だからビジネスを頑張り、パートナーに愛されるように頑張って、スキルや知識を身に付け、お金を儲けてどんどん外側の付加価値を自分に足していって、他人には弱みを見せず

完璧を目指して他者には自分が完璧であるように見せて、物凄い重い鎧を背負い壁を造って何とか自分の価値を証明して見せようとしてきたわけです

 

ひたすら外側を埋めながら

 

でも結局埋まらなった

 

たった一つの愛が欲しいだけだったのに・・・

 

でもそれは本当のところ他者や両親からの愛ではなく自分で自分を愛せるようになる事であり

 

自分で何物でも何も持っていない素のあるがままの自分の価値を認める事だったわけです

 

お話を聞いて見るとそういう感じの人って結構いるんです

 

大きな会社の社長さんや名の知れた有名人の方とか

 

本当は自分で自分を愛せるようになる事だけで良かったんだけど

外側に愛を求めた結果、手に入ったものは虚しさコンプレックスも欠乏感も埋まらないみたいなね

 

そういう人を癒せるのは、やっぱり愛しかない

 

それは少しずつ過去の罪悪感や無価値観を手放していくこと

 

日常の中で自分に厳しく駄目出ししたりせずに、自分を認める肯定する感謝する言葉を

自分自身にかけてあげる事です

 

そういうクセを常日頃から身に付けることでちょっとずつ自分自身の愛のコップが埋まっていく

 

それが満たされると現実がどんどん良くなっていきます

 

アナタはお父さんやお母さんに本当はどんな言葉をかけて欲しかったんでしょう?

 

どういうふうに接して欲しかったのでしょう?

 

一生懸命頑張って認められたかったのか、それともそこに居るだけで充分だとアナタの存在自体を肯定されたかったのでしょうか?

 

一番大事なのは自分の心の声をしっかりと傾聴してあげることです

 

今どう感じてどうしたいの?

 

何を感じていたいのか?

 

何が欲しいの?

 

それが物なのか、言葉なのか、学ぶことか、趣味に没頭することなのか、仕事に熱中することなのか、散歩や運動や瞑想やイメージか、誰かに合いに行く事なのかは心に良く聞かないと解りません

 

たとえ大事なパートナーがいても相手に無理して合わせたり自分よりも相手を高く見ては上手く行きません

 

それは相手に力を明け渡すことになるからです

 

アナタ自身が自分の最高価値を知り大事にしてそれに沿った生き方をしない限り

それを相手に伝える事も相手の最高価値を大事にしてあげることも出来ません

 

自分を愛する事が出来ないと他者の愛し方も解らないままだったりします

 

まずは自分に優しくてもいいんだ

 

私は私を好きになってもいいんだ

 

このまま何も変わらなくて愛されて、自分の事を好きになって、愛していいんだという事に気付きましょう

 

気付いたなら毎日そういう感じで自分と付き合う事です

 

そうすると人との接し方や付き合い方も同時に変わっていきます

 

思考でどうこうとか潜在意識の書き換えや過去の意味付けの解釈を変えるって

セッション受けたり高いお金を払ったりする必要もあります

 

でも今の自分の完璧で愛してるってただ自分に言い聞かせる事は無料で出来るんです

 

自分を愛する事に何かの条件付けは必要ないわけです

 

だから自分に愛してます

 

今のままでいいんだよと言ってあげるだけでいいです

 

罪悪感がなくなり自己肯定感が持てれば行動も自ずと変わります

 

愛されてない錯覚は捨ててしまいましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

今日もありがとうございます

 

応援してます☆彡

 

アナタは既に愛されてる

 

ではまた~(^v^)/

 

https://youtu.be/nHhbILcpkTA

思っていたのと違う時

こんにちは
内野です

この前お気に入りの定食屋に行った時のこと
車でその店の近くを通る予定だったので
あらかじめそこの「焼き飯」を食べようと
決めて店に向かいました。

そこは昼に行く事が多く
日替わりのクオリティが高いので
あらかじめメニューを決めて行くなんて事は
しないのですが

その時は前に一度食べて美味かった「焼き飯」
と決めていました。

ひとくち食べたら
「?まえ食べたのと違う」となり
いや、美味しいには美味しいんですけど
少し物足りなさを感じたのでした。

こんな感じで
日常でも人や物に「思っていたのと違う」
なんて事はよくあることで

その時に「残念」「損した」ではなく
それを選んだり、させてあげた
自分を尊重してあげる事の方が
自分への「信頼」にも繋がるので
大事だなと感じました。

のどぐろどうぞ!

ブログ画像